calantheの風景

谷町四丁目の日々の風景。





20181107233644b06.jpeg




いろんな観念を、
あらゆる理想を、
木を削るように削ぎ落としていく。

不要なものがなくなると、
こんなにも薄くなるものです。


棚という、1つのものへの、素心。


個展に寄せて。




  1. 2018/11/07(水) 23:44:00|
  2. 小風景