calantheの風景

谷町四丁目の日々の風景。

森森と




2018120922001024d.jpeg



薄暗い部屋に流れる時間を楽しみ、
木の囁きを聴くように、その空間に身を置いてみてください。

森森と。
とは、なんなのでしょう。

月曜日、火曜日、
あと2日です。

昔ながらの数奇屋造りは、
今もなお、前衛空間なんです。



  1. 2018/12/09(日) 22:04:31|
  2. 小風景