calantheの風景

谷町四丁目の日々の風景。

朽木小川



2日程、大阪に戻り用事を済ませて、新しい場所に戻る。
湖西道路から鯖街道に入り、ガソリンスタンドの手間の橋を渡る道が、新しい場所へと続く道。
数日続いた雨のおかげで、川は増水しているけど、水は透明だ。
勢いよく流れる川も、川自身を讃えているようで素晴らしい。
細い道に入ると、帰ってきたなぁという実感が湧いてくる。
それと同時に、心が躍る。
深い山の間を、水は流れる。
ただそれだけなのに、素晴らしいと感動する。

数日前に、娘から泣きながら電話がかかってきた。
泣いているので話がよく分からなかったけど、
少し辛そうに感じた。
でも、大丈夫だよ。そう言ったら、大丈夫なんかじゃないと言われ電話を切られた。
切られてからも、でも、大丈夫だよと思った。
楽しいことばかりの毎日なんて、あるのかもしれないけど、それはそれで窮屈な気がする。
楽しい時は、笑ったらいいし、
悲しいことがあっら、泣いたらいい。
それが、生きているということ。だと思う。
ただ、目の前に山があったら、川が流れていたら、
その悲しみは、もしかしたら、少し違う悲しみに感じるかもしれない。
山があると、楽しみも、大いに違う楽しみになるだろう。
山も、川も、何も言わない。
何も言わないのに、こちらは、いつも何かを感じる。
側にいても、遠くにいても、
見守るということは、きっとそういうことなんだと思う。
いつでも、どんな時でも、大丈夫だよと言えることはできるだろうか。
何が大丈夫って、大丈夫なもんは、大丈夫なんだよ。
大丈夫って言われたら、もう大丈夫になってるでしょ。ということ。

初めてだった道が、いつもの道に変わった日。

今日も川は水を讃えて、山は緑深く。
それだけで最高の1日。




  1. 2020/07/15(水) 22:02:06|
  2. 小風景