calantheの風景

谷町四丁目の日々の風景。



雨が降り、冷たく冷えた空間で、
石を眺める。

我、石、双方共に何も語らず、何も聞かず。

何も聞かない石に、静かに語りかけ、
何も語らない石に、静かに耳を傾ける。

今ある気持ちが、静かに、どこかへいきますように。




  1. 2018/01/23(火) 01:13:04|
  2. 小風景

明日




明日は、

昨日でもない、
今日でもない、

新しい一日。


  1. 2018/01/22(月) 02:47:09|
  2. 小風景








  1. 2018/01/17(水) 00:07:27|
  2. 小風景



刃物を研ぐように、

心を研ぎ澄ませる。


  1. 2018/01/16(火) 00:55:04|
  2. 小風景

はじまり



今年も、ひとつ。またひとつ。

つくったり、考えたり。

誰かの、新しいはじまりのためのひとつであり、僕の新しいはじまりのためのものを。

大きな木の足元には、いつもその木の、小さな芽があるように、
はじまりは、いつも些細で、小さなものです。
それが、いつの日か、大きな木になるように、
大きな目標に向かって、毎日のことを積み重ねていきます。


今日も、大きな夢のはじまり、その小さな芽に、心から幸せを願います。

僕には、ずっと夢があり、
静かに、強く、明日も願うのです。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。



  1. 2018/01/14(日) 00:34:51|
  2. 小風景
前のページ 次のページ