calantheの風景

谷町四丁目の日々の風景。



僕がつくったものに、箱をつくることになった。

自分のつくったものが、箱に入るなんて思ってもみなかった。

20190127211139452.jpeg




201901272111176bb.jpeg





  1. 2019/01/27(日) 22:19:37|
  2. 小風景




20190124003822197.jpeg



楢の木の小さな収納。

木があるのは、やっぱりいい。






  1. 2019/01/25(金) 21:24:39|
  2. 小風景

吉野杉





20190124003839216.jpeg




全部杉の木。
全部吉野杉。

木を買いにいったのではなく、
木を見にいった。

50歳の木があって、
100歳の木があって、
250歳の木がある。

300歳以上の木があまりないのは、200歳を過ぎる頃から、真の部分が腐り始めるからと教えてくれた。

材木の森は、薄暗い。
物言わぬ木は、静かに、いつかの出番を待っている。

木を買う時、メールやFAXで買わない。
自分の目で見て、香りを確かめる。
そして、耳をあてる。

特別なにかを感じたい訳じゃなく、
ただ、好きなだけ。

買わないつもりが、
買ってしまう。

大きくて分厚い木を買った。


吉野杉の良さは、10年、20年経つと、よくわかると、材木屋のおじさんは、話す。
杉が好きなんだなぁと思いながら、
僕も負けてないと思った。














  1. 2019/01/24(木) 00:54:01|
  2. 小風景

風景



柔らかな日差しの中に身を置いて、
風景を思い描いてみる。

話しながら、ふわりと風景が浮かぶ。

紙の上でもなく、画面の中でもなく、
まずは、その場に身を置いてみることです。

寒くて身体が震えているのか、
わくわくして、身体が震えているのか。

少しずつ鮮明になっていく風景が、
紙の上で風景となり、
手紙のように、心に届くまで。

風景を描く。



  1. 2019/01/21(月) 00:20:17|
  2. 小風景

2019年





20190104165611836.jpeg


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

明日より、通常営業いたします。
ホームページのデザインに、昨年行いました住宅リノベーションの写真を掲載いたしました。
是非ご覧ください。




  1. 2019/01/04(金) 17:01:08|
  2. 小風景
前のページ 次のページ