calantheの風景

谷町四丁目の日々の風景。

香節




2018052722124871b.jpeg



辛夷は、香節と名を変えて、
室内で生きる。


一本で、風景をつくる。



  1. 2018/05/27(日) 22:14:27|
  2. 小風景

まずは、解体から




解体というか、分解。

必要なものと不必要なものに分ける。

もともとあった空間から、不必要なものがなくなっていき、空間が、軽くなっていく。

隠れていた部分が見えはじめ、
曖昧だった風景が、鮮明なイメージへと変わっていく。
覆い隠されていたものから解放された太い梁、それを支えいる柱が、風を受けて気持ちよさそうにしている。
木がある。それは、やっぱりいいことだと思う。


もっともっと、軽ろやかに。



20180522225903436.jpeg








  1. 2018/05/22(火) 22:59:24|
  2. 小風景

手は仕事に



言葉にするより、
手で伝えよう。

届く人には、届き、
響く人には、響きわたる。


誰の言葉よりも、自らの心に素直でいよう。
知らない世界の言葉は、ただ、遠くで鳴いている。


明日も、手は仕事に、
心穏やかに。








  1. 2018/04/30(月) 03:24:53|
  2. 小風景





見たことのない、普通なものをつくりたい。












  1. 2018/04/22(日) 23:11:36|
  2. 小風景

fa






20180419230606f31.jpeg




fa という名前の椅子。

椅子は、買う時は前から見て決めるけど、
使う時は、後ろ姿をしか見ない。


だから、椅子は、後ろから見て決めるべきです。


僕の言葉。







  1. 2018/04/19(木) 23:09:05|
  2. 小風景
前のページ 次のページ